第22回長野地方会

固定チームナーシング研究会 第22回長野地方会の報告

  22回長野地方会は全国に先駆け、520日(日)新緑さわやかな信州松本の、キッセイ文化ホールにて開催いたしました。メインテーマは『変化する時代に対応する固定チームナーシング~地域につなぐチーム医療~』と題し、県内30施設513名の方にご参加いただきました。35演題を5つの分科会で構成し、各施設の取り組み発表から、活発な意見交換へとつなぎ、多くの学びを得ることができました。

 

午後の全体会のテーマは、【~地域につなぐチーム医療~】として、3施設の取り組みを紹介していただき、続いて西元勝子先生より『地域ケアシステム時代の看護職の役割』と題しご講演をいただきました。その後、西元先生の講演を糸口にグループワークを展開しました。100Gでの大規模ワークは壮観な景色でした。各グループ話題は尽きることがなかったようです。詳細は後日、機会があればご報告させていただきます。

 

今後益々、長野地方会が発展することを願っています。 

次年度の第23回は現在、日程・会場を調整中です。詳細が決まり次第、ご報告いたします。 

 

2018531日  第22回長野地方会実行委員長 

岡谷市民病院 看護部長  林   文子